スチライト工業株式会社
お問合せフォーム
トップページに戻る


K2通気胴縁工法


[特徴] 通気胴縁を使用した在来、2X4のいずれにも対応出来る通気工法です。
通気工法専用設計のK2モルタルと耐アルカリ性ファイバーネットにより軽量で耐クラック性能の高い外壁を実現致しました。

K2通気胴縁工法は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」における「劣化対策等級3」「省エネルギー対策等級4」に対応できる工法ですので、長期固定金利住宅ローン「フラット35」の申し込み条件を満たします。(「フラット35」の申し込み条件には外壁部位以外にも条件があります)


1.透湿防水シートの上に胴縁を設置する。
2.アクリル製補助胴縁を貼り付ける。

3.通気胴縁にラスを施工します。
4.左官下塗り

5.左官下塗り時にファイバーネットを伏せこみます。
6.養生後に上塗りをし、
しっかり押さえて左官工事が終了します。




製品一覧防火認定一覧技術に生きるスチライト会社概要お問合せリンクトップページ