タイカ・アロックとは

鉄骨梁、柱用セラミック系湿式耐火被覆材

より薄く・より強く・より美しく ModernDesignを実現できるセラミック系硬質耐火被覆材。強さと美しさが必要な時にタイカアロックが選ばれています。現在市販されているセラミック系耐火被覆材の中でも薄い厚みでご使用頂けます。

*下地鉄骨の施工寸法制限はありませんので幅広い用途でご利用頂けます。

限られた空間でミリ単位の調整が必要な箇所。厚さの薄い表面仕上げ・化粧性などが要求される箇所。粉塵の発生を嫌う箇所(病院、学校、工場、倉庫、エレベーターシャフトなど)での使用を特にお勧めします。

耐火被覆とは

鉄骨造りの骨組などを、火災などで発生する高熱から守るために、耐火・断熱性の高い材料で鉄骨を特殊建材で被覆すること。建築基準法上、鉄骨造は一定基準の耐火被覆をすることで耐火構造とみなされています。

鉄骨面への直接施工が可能な為、限られたスペースを有効に活用出来ます。製品自体が硬質なのでペンキ塗り・クロス仕上げが可能。左官での施工が可能な為意匠性が求められる部位への施工に柔軟に対応出来ます。(吹付け施工も可能です)
雨がかり等の外部でも使用が可能です。(*施工後に防水塗装が必要になります、その都度ご相談下さい。)

*タイカ・アロックは発泡ウレタンとの複合で不燃材料認定を受けています。


耐震補強&ビルリニューアルの施工事例


タイカ・アロック(コテ)の施工事例

  • 研究所

    国立国語研究所の施工
  • 連絡橋

    ターミナル駅から百貨店の連絡橋の施工
  • テナントビル

    テナントビルの施工
  • ショールーム

    メルセデスベンツのショールーム施工
  • ショールーム

    アウディのショールーム施工
  • オートギャラリー

    オートギャラリーの施工

限られた空間でミリ単位の調整が必要な箇所。厚さの薄い表面仕上げ・化粧性などが要求される箇所。粉塵の発生を嫌う箇所(病院、学校、工場、倉庫、エレベーターシャフトなど)での使用を特にお勧めします。

*タイカ・アロックは発泡ウレタンとの複合で不燃材料認定を受けています。

タイカ・アロック(吹き付け)の施工事例

  • 吹き付け施工

    タイカ・アロック(吹き付け)の施工
  • パーキング

    タイカ・アロック(吹き付け)の施工
  • ガソリンスタンド

    タイカ・アロック(吹き付け)の施工

各種耐火被覆材性能比較

  タイカ
アロック
ケイカル板
1号品
ケイカル板
2号品
セラミッ
クス系
石膏系 ロック
ウール
ALC
所要被覆厚
(mm)
柱1時間
15 25 25 20 30 35 37
所要被覆厚
(mm)
柱2時間
25 40 45 30 50 50 50
所要被覆厚
(mm)
柱3時間
25 55 60 40 75 65 75
圧縮強度
(N/mm2換算)
8.28 2.94 0.78 0.78 0.29 3.92
曲げ強度
(N/mm2換算)
2.79 2.45 0.39 0.29 0.06 0.98
接着強度
(N/mm2換算)
0.51 釘止め 釘止め 0.09 0.01
表面強度 91.0 65.0 8.0
※上記数値は試験基準にもとづいた数値であり、現場での製品数値を保障しているものではありません。

左官工事・塗装工事承ります!お気軽にお問い合わせください。